さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


星綴 › 書籍(幕末以外) › 大岡昇平 『野火』

2006年09月26日

大岡昇平 『野火』



ヤフオクを覗いていたら大岡昇平の『野火』と『俘虜記』を発見。
しかも2冊セットで90円。
安い!\(>▽<)/
前に薦められた事があって、機会があれば読みたいと思ってた本だ。

数日後、届くと『俘虜記』が凄くカビくさい・・。
早速、『野火』から読んでみた。
結核で隊から見放された兵士が主人公。
飢えにより人肉を食べる事に対し、色々を葛藤する。
作者自身、戦争を体験しているだけにリアルな表現が多い。

もし自分が当事者だったら。
人道的に食べたくはない。
気持悪くて食べられないとも思う。
・・が、やはりその場面に出くわさないと結局は判らないだろう。
読むと色々と考えさせられる作品だった。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(書籍(幕末以外))の記事画像
『茶々と秀吉』
『憂国』
同じカテゴリー(書籍(幕末以外))の記事
 『茶々と秀吉』 (2006-10-14 00:00)
 『憂国』 (2006-04-30 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大岡昇平 『野火』
    コメント(0)