さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


星綴 › 書籍(幕末以外) › 『茶々と秀吉』

2006年10月14日

『茶々と秀吉』


秋の夜長に読書♪

おいらが大好きな作家、秋山香乃著。
『茶々と信長』の続編。
真っ直ぐに秀吉を愛する茶々。
一般的な淀殿(茶々)の悪女のようなイメージを覆すような作品だった。
前作の方が面白かったかなぁ。
次の『茶々と家康』に期待しよう。

大泥棒で釜茹で処刑になった事で有名な石川五右衛門が出てたのだけど、
読んでみると釜煎で処刑されてる。
ずっと釜茹だと思ってたので調べてみると
史実では釜茹ではなくて釜煎で処刑された説が強いらしい。

子供と同時に処刑された説もある。
 ◎自分が力尽きるまで子供を持ち上げてた
 ◎苦しまないように子供を一気にお湯の中に沈め、窒息させた
 ◎あまりの熱さに子供を下敷きにした

・・昔の処刑方法はほんと残酷だわ。(><)

余談ですが、八百屋お七が火炙りの刑になった鈴ヶ森刑場。
火炙りになると、焼け死ぬ前に立ち上る煙で大抵は窒息死するのだけど、
ここは海の風が晒される場所。
風に煙が散らされ窒息死できない。
あまりの熱さに気を失うのだけど、逆に、あまりの熱さに目を覚ます。
それを繰り返し繰り返し、最後には発狂するそうだ。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(書籍(幕末以外))の記事画像
大岡昇平 『野火』
『憂国』
同じカテゴリー(書籍(幕末以外))の記事
 大岡昇平 『野火』 (2006-09-26 00:00)
 『憂国』 (2006-04-30 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『茶々と秀吉』
    コメント(0)