さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


星綴 › ★道北 › 道北の旅~その5

2009年05月18日

道北の旅~その5

宗谷岬から猿払村の道の駅へ寄り、枝幸へ向かいます。

宗谷岬~枝幸の国道なんですが、風がすっごかったです。
軽自動車だからなのか、ハンドルがブレにブレます(滝汗)。
もうハンドルを握るのに必死でしたw

枝幸水産加工業協同組合直営の“海鮮工房えさし丸”。

場所は国道沿いにあるので判りやすいかと思います。

ここで買ったのが、ふぐのお茶漬け。

新聞に載ったとかで、結構人気があるとの事でした。
スープ付きで冷凍で売ってます。
スープの味が良く美味しかったのですが、ふぐがちょっと小さいですw
でも、2人前で750円(だったかな?)なのでお買い得かと。

これは帆立クリームコロッケとスパイシーフライドサーモン。

アツアツでうま~!
クリーム系好きなんですよ、私♪

フライドサーモンは、鮭のトバを揚げたような味でした。
ご飯が欲しくなる~~。


ここから枝幸町の道の駅に寄りまして、中頓別鍾乳洞へ行きました。


中頓別鍾乳洞は北海道で一番最初に発見されました。
60メートルほどの小さい鍾乳洞です。

今では当麻鍾乳洞の方が有名みたいですが・・。
最近では、函館の戸切地でも鍾乳洞が見つかったとか。
早く一般公開して欲しいですね。

まずは、ぬく森館を見学してから、鍾乳洞へ向かいます。
鍾乳洞までのルートはいくつかあるのですが、一番近そうな軍艦岩コースを行く事にしました。


これが甘かった。
階段がキツイw
軍艦岩の上は普通に道になってました。

軍艦岩です。

近くで見ると迫力があります。
石灰岩でして、貝化石の集積で出来上がったとか。
ここは大昔、海だったそうです。

途中で血だらけの子供とすれ違いました。
転んだんだな・・可哀想・・。

鍾乳洞初体験でございます♪


鍾乳洞というか、洞窟自体が初体験。
懐中電灯が置いてありました。


中は暗く、急な階段があります。
所々、横や上下の幅も狭く、気をつけないと階段から落ちそうでちょっと怖かったです。
よく考えれば、先程すれ違った子供は転んだだけのような傷じゃなかったような気が・・。
ここから落ちたんだ・・・。(滝汗)





思ってたような鍾乳石がいっぱいあるような鍾乳洞ではなかったのですが、なかなか面白かったです。

鍾乳石は保護の為に一般公開してなかったのが残念。
おまけに、第三鍾乳洞は雪で道が塞がり行けないし、
第四鍾乳洞は崩壊の危険があり、公開中止でした。


中頓別町音威子府村美深町名寄市剣淵町の道の駅に寄り、富良野経由で釧路へ帰りました。

1泊2日で1370キロ。
久々にこれだけ走ったので、かなりの疲労が・・・。
もう歳なんだなぁ・・と実感しますw


(道の駅の詳細は別に書いてますので、 リンク先をクリックしてください。)


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(★道北)の記事画像
アンパンマンショップ
ジャムおばさんのジャム工房
フラノマルシェで買ったお土産
富良野チーズ工房
ファーム富田
唯我独尊
同じカテゴリー(★道北)の記事
 アンパンマンショップ (2014-09-08 01:09)
 ジャムおばさんのジャム工房 (2014-08-31 00:00)
 フラノマルシェで買ったお土産 (2014-08-25 01:12)
 富良野チーズ工房 (2014-08-04 00:11)
 ファーム富田 (2014-07-15 01:00)
 唯我独尊 (2014-07-06 00:57)

この記事へのコメント
ども・・おはようございます。放浪の旅人です。
昨日の午後7時に自宅に帰ってきまして約半日寝ていました(w
3泊4日で1000kmしか走ってないのにかなり疲れました。歳ですな(笑)
剣淵の記事でも触れましたが、今回の旅は非常に充実してました。
時間の関係上、すべての道の駅に寄ることはできませんでしたけど、
おおまかに今回巡ったルートを記すと、
美瑛→旭川→士別→239号を横断して苫前→手塩→豊富→稚内。
ここまでが2日目で記事で紹介されていた海老と蛸の蒸し餃子を苫前で
食べ、手塩でタコキムチ丼を食べました。タコキムチ丼は本当に美味しかったです!丼も当然ですけど、あのシジミ汁はお代わりしましたし(笑)
稚内に着いた時は何か感動しましたね・・・ついに日本最北の地に来れたんだなぁって。その足で宗谷岬とノシャップ岬に沈む夕日も見に行ってきましたが、とにかく風が強かった!記事にも書かれてますが下手したらハンドル取られるだけの風が吹いてましたから。それでもノシャップ岬に沈む夕日は本当に綺麗でした。これだけで旅に来て良かったって思えましたよ。

何かかなり長くなりましたね。3日目の行程はまた次回に書きます。
Posted by 放浪の旅人 at 2009年05月18日 06:41
>放浪の旅人さん
こんばんは!
剣淵のコメント、見落としてました・・すみません!(滝汗)
こちらでまとめてレスします。

旅行、お疲れ様でした~。
旭山動物園も行かれたのですね。
まだ行った事ないので、道の駅を制覇したら行ってみようと思いますw

風力発電ですが、私もあんなに沢山あるのは初めてみました。
厚岸~浜中の海岸線でポツポツ見かけてたのですが、
道北の方が迫力がありました。

海老タコは羽幌や初山別にもありましたね。
全部並べて食べ比べしたいくらいでしたw
天塩のタコキムチ丼のシジミ汁、絶品でしたね!
お代わりできるなんて知りませんでしたw

夕日、見れたんですね~。
羨ましいです。私の時は曇ってましたから。(^^;
稚内のHPとかパンフレットの写真見ると、すっごく綺麗ですもの。
もしかしたら利尻富士やサハリンなんかも見られたんでしょうか。

3日目以降のレポ、楽しみにしております。(≧∇≦)
Posted by 竜之介 at 2009年05月18日 23:16
おはようございます。3日目の行程を書く前に記事に対するレスをします。
ノシャップ岬の夕日に関してですが、完全に日没した時は雲がかかって
いて夕日は陰ってしまったんです。僕が撮った写真は完全に海岸線に沈む前のものなのですが、ご要望されるのならばメールでお知らせ下さい。
それと利尻富士は見えましたが、サハリンは曇っていて見えなかったです。

では3日の行程をさらりと記していきます。
稚内に泊まった後は旭川へ南下するルートを辿っただけです。
具体的には猿払→浜頓別→中頓別→音威子府→美深→名寄→士別です。
この内道の駅に立ち寄ったのは、猿払、音威子府、美深の3箇所。
猿払ではカントリーサインにも使われているモニュメントの写真を撮ったくらいで特に戦利品はありませんでした(w 
次の音威子府でちょうどお昼の時間になったので紹介されていた黒い蕎麦を食べました。あれって本当にそば殻も一緒にして挽いて作ってるんですねぇ。出てきた時は驚きましたが、思った以上にコシもあって美味しかったです。
美深でも紹介されていた羊の乳から作ったソフトクリームを食べましたよ。
あのソフトも癖がなくって十分美味しかったです。本当はあそこで売られてた「白樺の雫」という商品も欲しかったのですけどちょっと高いので見送りました。あと手作りコロッケも美味しかったですね(^^)
その後は少し時間に余裕ができたので朱鞠内湖へ行ってみました。
高台から見下ろす景色は樹木があって正直いまいちでしたが、麓まで降りてみるとなかなか良い景色が広がってました。結構浮き島があるんですね。
ダム湖だからただ連綿と水が張ってるだけだと思ってました(^^;

それから後は名寄を通過し、士別のスーパーでホテルで飲むお酒を購入した後、道央道を通って旭川へ着いたっていうのが3日目の行程です。
無論その後、一蔵→青葉とラーメン店もハシゴしました(笑)
僕自身も北海道を何回旅したか解りませんが、やっぱり北海道は素晴らしいですよ!雄大な景色、美味しい食べ物、数々の温泉・・・。
本当ならばもう少し語りたいところですが、これ以上長くとキリがないのでこの辺で切ります。もし次行くとしたら根室方面かな・・。それでは!
Posted by 放浪の旅人 at 2009年05月19日 09:42
>放浪の旅人さん
こんばんは!
3日目のレポ、ありがとうございます♪

利尻富士、綺麗なんでしょうね~。
私が行った時は、天塩付近で薄っすらと影しか見えませんでしたw
え~と、お言葉に甘えさせてもらいまして、メールさせて頂きます!

音威子府の蕎麦は、どこかの蕎麦関連のサイトで全国4位の人気でした。
蕎麦の色って色々あるんですね~。
余談ですが、釧路の一部の蕎麦屋では麺が緑色なんですw

白樺の雫、私も気になったのですが樹液というのがひっかかりまして・・。
美味しいんでしょうか・・・なんだか昆虫の気分になれそうですよねw

朱鞠内湖はまだ行った事がないんです。
『アラスカかフィンランドみたいと言われる』みたいな事を
朱鞠内湖淡水漁業組合のHPに書いてあったので、
一度行ってみたいのですが・・。
ダイアモンドダストが見れるみたいなので、冬に行ってみたいですね~。

北海道には結構いらっしゃってるのですね。
次は根室方面ですか~。
釧路管内でしたら、おススメスポット(食べ物ですが・・w)が結構ありますので、またお立ちよりくださいませ。(^ー^* )
Posted by 竜之介 at 2009年05月20日 02:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
道北の旅~その5
    コメント(4)